開催宣言

【 第4回 関西 農業Week 】は、

2月24日(水)〜26日(金) にて 予定通り開催します

2021年1月14日  関西 農業Week 事務局

平素より、本展の開催に多大なるご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 

さて、日本政府により緊急事態宣言が発令されましたが、「展示会の参加者数については、収容人数の50%以下かつ5000人以下を上限とした上で、感染拡大防止ガイドラインを徹底し開催する」という政府発表でございました。

 

なお、展示会においては、最大同時入館者数※が5000人を超えないことがガイドラインとなっておりますが、本展につきましては影響なく通常通り開催できることをお伝えいたします。

(※展示会の総来場者数の制限が5000人ということではございません)

 

開催にあたっては、政府・自治体および展示会業界のガイドラインを基に対策を講じて、出展社・来場者の安全を確保し開催いたします。ただし万一、政府等から開催中止要請があった場合、主催者が展示会の開催または延期・中止を判断します。

(対策の詳細は、本展公式ホームページにある「コロナ対策ページ」をご覧ください。)

 

なお、私共は33年間に渡って、以下の理由から 「展示会はいかなる場合でも予定通り開催することが大原則である」 と考え開催して参りました。

 

● 展示会は、毎年同じ時期に、同じ場所で、定期的に開催することが世界の通念である

● 展示会は、会場で何十億円、何百億円もの商談が行われる「ビジネスの場」であることから、

出展社、来場者にとって商売上不可欠なものとなっている

● 出展社は約半年前から製品開発や発表などの準備を行い、来場者は製品導入のために出展社と商談アポイントを設定するなど、

年間スケジュールに組み込んでいる

● 展示会は、毎年その開催都市に宿泊・交通・飲食等の巨大な経済効果をもたらし、極めて公益性が高いものである

 

私共は今後もこの原則に従い、すべての展示会を予定通り開催して参ります。

コロナ禍によって経済活動が停滞している今こそ、本展を通じて業界の活性化と発展に貢献して参ります。

引き続き、皆様からのご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。